ビジネスネームをつけました!ビジネスネームのメリットとデメリットはこれ

この記事は約2分で読めます。

2019年、なぜか悪運が度重なってしました。
業務形態を変更するとともに、心機一転でビジネスネームをつけることにしました。

名前は松馬エキです。

ビジネスネームをつけるメリット

なりたい自分になれる

極端な例かもしれませんが、「きゃりーぱみゅぱみゅ」など名は体を表すということわざがあります。

漫画家はペンネームの方が多いですし、襲名制のある伝統文化(歌舞伎、落語など)や、何らかの形で表現活動をしている人は特に多いようです。

本名がバレずに活動できる

本名で活動すると不利益になる場合に多いと思います。

例えば、

  • 今までの人間関係を清算して活動したい方
  • DV、ストーカーなど被害に遭われてしまった方
  • 会社でこっそりと副業をされている方

私の場合は、本名は好きなのでなので隠す気はありませんが、積極的に明かすつもりもありません。

ビジネスモードに切り替えられる

表立った絵の活動は全くもって行ってなかったので、オーケーです。

ビジネスでもプライベートでも一貫した態度なので(そもそも態度が変わることができないのですが)、自分としてのケジメや気合の入れ方を変えていこうとという意味でも、プライベートと切り離せることはメリットだと思っています。

開運効果が望める

せっかくビジネスネームをつけるなら、良い名前にしたいですよね。

ビジネスネームとは、いわば自分へのプレゼントのようなものです。
良いビジネスネームにすることで、仕事や人間関係などに吉兆をもたらすこともあるそうです。
プロではありませんのでわかりませんが、自分自身が「いい名前」と思える方が活動しやすいのではないかと思います。

私の場合は、2019年があまりいいスタートを迎えなかったので、お知り合いの腕のいい姓名判断師さんと一緒に決めました。

ビジネスネームをつけるデメリット

一から実績を作り上げる必要がある

本名である程度活動している場合なんかにありがちですが、名前を変えることで「えっ誰?」となりかねないです。

名前が恥ずかしい

インパクトのある名前をつけた場合、名前を覚えてもらいやすいと同時に、

  • 自分で名乗る
  • 人に名前を呼ばれる

時に最初は気恥ずかしくなるかと思います。

恥ずかしすぎて活動したくないと思う人は最初からインパクトのある名前をつけないでしょうが(^^;

まとめ

タイトルとURLをコピーしました