髪の毛が伸びに伸びたので絵を描いた

ステートメント
この記事は約3分で読めます。

コロナ禍の昨今、元々外に出る事がなかった自分が、ますます外に出る機会がなくなりました。
特に人に会う用事もないため、いつもだったらとっくに切っている髪の毛を未だに切れずにいます。

スポンサーリンク

思わぬ形で実現した

髪を乾かした後、ふと鏡を見ると、鼻と口以外すべて毛で覆われている何かが目の前にいるんです。
すだれのような前髪の隙間から、こちらを伺い見る様子の何かを。

短かった髪の毛の頃だったらこんなこともなかったろうに、コロナ禍の変化のない生活でも時間の経過を意外と身近なところで感じます。

髪の長い男の人のルックスにちょっと憧れがあったものの、暑いし重いし鬱陶しいしで耐えられず切っていましたが、思わぬ形で実現しました。

人じゃないみたいだ

誰かわからないような、そもそも生物なのかもよくわからない姿を見て、描いてみようかなと思いました。

完全に個人的な好みの話ですが、古典・現代に関係なく、人物画ではなく風景画や抽象画などの方を好む傾向があります。
人物画作品に対して画力的に、色彩的に、構成的に問題があるとか何とかの話ではなく、むしろいいなあと思うものもあります。

ただ、生きているもの、自分とは違う世界で生きている人の物語を、生き生きと情熱的に見せつけられているような感覚がして、そこが好みからずれるのだと思います。
自分の家に見知らぬ他人が入ってくるような感覚です。

最近はそれに輪をかけて(人物ほどでは全くないですが)、動物、植物(風景画のような遠景ではなく植物メインの描かれ方をしている作品)に対しても似たような感覚を持つようになりました。
不等号で表すとこんな感じです → 人物 >>> 動物 >>>>>>> 植物

髪の毛で表情が見えない状態に興味が湧いてきて、人だけど人じゃないみたいな絵を描きたいと思って描いてみました。

描いたもの

今回紹介する絵は、iPadアプリ「Adobe Fresco」で描いています。

Adobe Frescoは、デジタルだけどアナログのような絵を描きたい方におすすめのアプリです。
デジタルで描く事に苦手意識があった自分でもスイスイ描く事ができました。
こちらについてはまた詳しい記事を描く予定です。

Adobe Fresco | スケッチ & ペイントアプリ - iPadで水彩や油彩を描画
Frescoには世界最大級のデジタルブラシコレクションがあり、スタイラスやタッチデバイスで優れたデジタルペインティング&描画を体験できます。

先ほども書いた通り、人だけど人じゃない状態に興味が湧いたため、人の特徴的な部分はなるべく見えないようにして描いています。
動植物でもこう言った事ができないかなーと思うのですが保留です。

思わぬところで絵のモチーフが見つかるものだなと。

絵はこの他にもあるので、まとまったらWorkページにリンクします。

松馬エキ

絵を描いたり作ったりするノンバイナリーなADHD傾向のある人です。
身近な物事の境界をテーマに生きているようなところがあります。なんでもないそこら辺の人でも色々ある事をブログに書いていきます。

ご登録いただけると嬉しいです!
水彩画などを掲載しています

mtbeki.comでは水彩画、鉛筆画、消しゴムはんこを掲載しています。
作品を購入されたい方、作品をホームページに使いたい方など、まずはどうぞご覧ください!
(料金設定については只今制作中なので、ご相談ください。)

スポンサーリンク
ステートメント
ご登録いただけると嬉しいです!
境界線はどちら側?
タイトルとURLをコピーしました