ビジネス書をただ読むだけから卒業!「すぐやる人」の読書術【読書レビュー】


本を読むことが好きな私ですが、本を読むばかりで読書の学びを自分に生かせてないなあとうっすら思っていました。

よくあるパターンとしてはこんな感じで

  1. 本を読んで満足
  2. 忘れた頃に似たような本を買う(同じ本を買うことも)
  3. 前に読んだことを思い出す(なんなら家にある)

「よくそこまで忘れられるな」と思います。

そんな自分ですが、昨日お出かけついでにふらふら〜と本屋に寄ると、思わぬ形で本を見つけました。

それが『「すぐやる人」の読書術』です。

スポンサーリンク

本を読んでいる途中からでも即行動!

第一にこの本で得られたこと「本を読んでる途中からでも行動すること」です。

本の引用から

  • 「本を読みきらなきゃいけない」という意識を捨てること
  • 自分を突き動かすような1フレーズと出会った瞬間に動き出す

と動きたい時に動くことが大事だということが書いてありました。

今までの私なら、本は読みきらなきゃいけないし(読みきれないから積読する)いいフレーズが書かれていても「はえ〜すっごい」みたいな感心で終わっていました。

本から得たものがあればOK!
読み止めてでも「おっ」と思ったら行動に移す!

その行動はなにもも本気の行動じゃなくてもよく、本の余白に思ったことをメモをするところから始まります。

ちなみに私はどうしてもどうしても本に文字を書くことに抵抗があるので付箋を駆使して書いてみました。

本を読む目的って何?

第二にこの本で得られたことは「本を読む時は目的を明確にすること」です。

今まで購入した本は何かしらの理由があると思います。
なんとなく買った本でも「表紙買い」だとか「帯に惹かれた」だとか数百数千冊ある本屋から見つけ出した理由があるはず。

その目的を明確にするための方法などは、本書で読むとさらに得られるものがありますが、「ノートや本の初めに目的を書いておく」と忘れた頃に昔の自分がどんなことに悩んでいたか振り返れていいですよ。

字がお茶目ですね^^

本を読む時はなんでこの本を買ったのかを自分に意識される。
意識させるためにノートや本の初めに目的を書いてもよし!

こうして著者+自分の考えがまとまったオリジナルの一冊を作ることができます。

本を読んで得た内容を動いてシェアしてあつめる

第三にこの本で得られたことは「本を読んだら動いてシェアしてあつめる」です。

本書ではアウトプットのポイントを以下3つにまとめています。

  • 動く
  • シェアする
  • あつめる

各章毎にこの三つの詳しい解説や実践できる内容が載っています。

「動く」について

「動く」は、先ほどのように本の内容を軽くでも試してみることなど書かれています。

「シェアする」について

「シェアする」は、人に話したり書いてみたりして自分から相手へ共有することが書かれています。
私の場合はこうやって読書した内容を記事にしてアウトプットしています。自分で本を読んで感じたことを相手に伝える時はどうしたらわかりやすいか考えますね(^^;

「あつめる」について

「あつめる」は、上記二つとは違い、中・長期的に自分に生かすためのアウトプットです。
本の内容や名言などを集めて相手への説得材料や自分への意気込みにつなげるという内容が書かれています。

本を読んだら動いてシェアしてあつめる。
本からの学びを短期〜中・長期まで生かすことができます!

まとめ

今回の本で学びになったことはこの三つでした。

  • 本を読んでる途中でも行動する
  • 本を読む目的意識を持つ
  • 本を読んだら動いてシェアしてあつめる

本書では本の内容を実行するだけでなく、本の内容を自分なりにアレンジすることを推奨しています。

本は老若男女色んな方に使ってもらえるように書かれているので、個人のライフスタイルによっては合わないこともあると思います。
自分の場合は本で推奨されていた余白への書き込みが抵抗があったので付箋を使っています。

この内容で1,500円(2019年9月現在)ととってもお得なので是非是非読んで行動してみてください!

水彩画などを掲載しています

mtdeiki.comでは水彩画、鉛筆画、消しゴムはんこを掲載しています。
作品を購入されたい方、作品をホームページに使いたい方など、まずはどうぞご覧ください!
(料金設定については只今制作中なので、ご相談ください。)

スポンサーリンク
読書
的場映樹をフォローする
境界線はどちら側?
タイトルとURLをコピーしました